アジアで起業するメリット|低資金で開業しよう|オーナーという夢が叶う
レディ

低資金で開業しよう|オーナーという夢が叶う

アジアで起業するメリット

握手

ネガティブリストを調べる

インドネシアで会社を設立する場合に知っておくべき事柄として、投資ネガティブリストがあります。これは外国資本がインドネシアで会社設立ができない業種のリストです。この業種をよく調べておかないと、会社設立がスムーズにいかないのです。例えば運送会社やタクシー会社などは内資100パーセントでないと起業できないのです。ただし2016年には一部の事業が外資でも設立できるようになるので、詳しい情報を集めることが大事です。インドネシアの会社設立に詳しいコンサルティング会社と提携すると、現地の情報を踏まえたアドバイスをもらえます。コンサルティング会社と提携すれば全て日本語で複雑な手続きなどもしてもらえるので、初めての海外進出でも安心して任せることができます。

事前リサーチが成功の秘訣

アジアの中でも海外進出が多いのがインドネシアです。その理由は親日国であることと、政情が他のアジア諸国に比べると安定しているからです。特に製造業が活発で、日本食の外食レストランや美容室や化粧品などの美容菅家連企業、アパレルなどの業種が成功しています。またインドネシアは人口が2億人と日本の倍なので、マーケットが大きいのも魅力です。新しい事業を展開するにはインドネシアのマーケット事情をリサーチする必要があります。そのためにも現地の情勢に詳しいコンサルティング会社の協力を得た方がいいわけです。現地のコンサルティング会社を選ぶ場合は、日本人スタッフのいる所なら安心です。日本国内にもインドネシアに強いコンサルティング会社はあります。海外進出で成功するためには事前の準備が非常に重要です。早めにコンサルティング会社と連携して、綿密な事業計画を立てることです。