男性

低資金で開業しよう|オーナーという夢が叶う

海外でのビジネス

建物

日本よりも香港に会社設立をすれば大きなメリットがあります。経費も有利ですし、税金も優遇されます。またオフィスを持たなくても、一人からでも会社設立が可能という自由さも香港の魅力です。海外進出を行うなら、支援サポートも利用できます。

View Detail

アットホームな雰囲気です

男女

大阪で新規事業を始める方は開業支援をしてくれる会社に、運営をサポートしてもらいましょう。エキスパートに任せることで、自分は商品開発といった仕事に集中することができます。また、広告のためにHP作成を依頼するのもおすすめです。

View Detail

少ない資金で独立

紙幣

低資金で独立開業したい場合や新しい事業に参入したいといった場合にはフランチャイズというのが一般的な選択肢です。フランチャイズでは独立開業するためのノウハウや商材を提供してくれるため、一から開業を目指すのと比べて資金が少なくて済みます。またフランチャイズという考え方はあらゆる業種に広がっており、さまざまな業種に低資金での参入が可能になります。フランチャイズといえばコンビニエンスストアなどの小売店が良く知られますが、これ以外の業種としては、飲食店や学習塾、自動車修理などがあります。一部のフランチャイズではオーナー自らがノウハウの習得が必要ですが、工夫を凝らした業種ではノウハウがなくても開業できる業種もあります。

フランチャイズの第一のメリットはやはり低資金であることです。独立開業するためには、店舗を持たなければいけませんし、設備も必要です。また商材や消耗品も購入しなければいけません。これらを自らの手で開拓するには多額の資金が必要で低資金の開業は困難です。フランチャイズであれば開業に対するサポートを受けることができますし、店舗や設備のアドバイスも受けることができますし、商材や消耗品の納入も行ってくれるので、その分のノウハウが必要ありません。一方で店舗を持たずに開業できる業種もあります。軽貨物やハウスクリーニングなどで、これらであれば店舗を構えるよりも低資金での開業が可能ですし、在庫を抱えないため低リスクといったメリットがあります。

アジアで起業するメリット

握手

インドネシアで起業する時は投資ネガティブリストを知っておく必要があります。外資が会社設立できない業種のリストです。例えば運送業やタクシー会社は内資100パーセントが設立要件です。インドネシアは人口が日本の2倍でマーケットが大きいのが魅力です。専門のコンサルティング会社と提携すればスムーズに進みます。

View Detail